インフルエンザ予防知識

インフルエンザの治療

漢方薬

タミフルが10代への処方を禁じられたこともあり、どの年代へも処方を禁じられていない漢方薬が注目されています。しかし、保険が適用されていない薬もあります。

麻黄湯(まおうとう)は西洋医学の医師からもインフルエンザの治療薬としてタミフルに匹敵する効果があると評価されています。さらに、服用後に眠くならないという利点もあります。麻黄湯(まおうとう)は2、3日服用し、十分な水分補給をしながら発汗を促くようにするのが早期回復のポイントです。しかし、胃腸の弱い人や食欲不振、嘔吐や他の病気などで体力が衰弱している人には投与を慎重にすべきです。

竹?温胆湯(ちくじょうんたんとう)はインフルエンザ、風邪、肺炎などが長引いて熱が下がった後も咳やタンが多く続くような場合に効果があります。副作用として発疹やじんましんがでる場合もあります。高齢者には麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)、柴胡桂枝湯(さいこけいしとう)が適しています。

麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)は特に冷えや悪寒、偏頭痛を伴う症状に適しています。また、体力の弱い高齢者には香蘇散(こうそさん)を用いることもできます。他の漢方薬が使いづらい胃腸虚弱な人にも適しています。

銀翹散(ぎんぎょうさん)は熱が上がり、関節痛やのどの痛みが出る、インフルエンザの治療薬として注目されています。風邪の症状は寒気、熱、鼻水の症状がでる「風寒感冒」と熱、口の渇き、のどの痛み、頭痛、咳などの症状がでる「風熱感冒」の二つのタイプに分けられます。葛根湯(かっこんとう)や麻黄湯(まおうとう)は「風寒感冒」に銀翹散(ぎんぎょうさん)は「風熱感冒」に効果がある漢方生薬です。銀翹散(ぎんぎょうさん)は保険適用外となっています。

漢方では一般の風邪の治療法とインフルエンザの治療法を区別していません。熱、悪寒、倦怠感、のどの痛み、鼻水といった症状を和らげるといった観点で投薬します。インフルエンザの症状は風邪とあまり変わるとことはありません。上述した漢方薬はインフルエンザにも効果があったと報告されているものです。葛根湯(かっこんとう)が風邪に効き、麻黄湯(まおうとう)がインフルエンザに効くことは西洋医学からも認められています。

インフルエンザの症状

インフルエンザウイルス

インフルエンザの予防

インフルエンザの治療

インフルエンザ対策

生活への影響

インフルエンザ予防の関係機関